美容外科のほくろ除去が人気【より美しい状態へと整える】

サイトメニュー

種類は様々

看護師

種類や注意点を確認

ほくろといっても色々な種類があると言われており、それぞれの種類によって特徴が異なるため、その違いをチェックしてみましょう。単純黒子は大きさ約1〜2mm程度と小さいものが多いという特徴を持つ種類で、メラニン色素の過剰生成によってできます。色も薄い茶色のものから黒っぽいものまで幅が広く、人によってはシミと間違えてしまうことも少なくないようです。色素細胞母斑はメラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したもので、大きさは大小様々、色も黒から茶色、場合によっては肌色をしているものもあります。この色素細胞母斑はほとんどが良性のほくろですが、急にサイズが大きくなった・出血するようになった場合は悪性の可能性もあるので注意が必要です。通常のほくろよりも青みがかった色をしているものは、青色母斑という種類で大きさは1cm程度の小さいものから、場合によっては1cm以上のサイズになるものもあります。このようにほくろといっても種類、そして色や大きさは様々でクリニックは症状に合わせて除去治療を提案しています。ほくろ除去治療を得意としているクリニックであれば、種類に合わせて適切な治療法を選んでくれるので安心です。コンプレックスになりがちなほくろですが、今はクリニックで受けられる治療で取り除くことができる時代です。特に人目につき目立ちやすい顔に気になるほくろがある場合は、治療での除去を検討してみてはいかがでしょう。ただ、治療を受けるにあたり気を付けたいのが「ダウンタイム」を視野に入れて、治療計画を立てるという点が挙げられます。ダウンタイムとは施術を受けてから回復するまでにかかる期間のことで、施術法によってこのダウンタイムの期間は変わるのです。例えば、手軽な除去治療として人気のレーザー治療の場合、施術を受けてから約1週間から2週間ほどで、患部の赤みは引いていきます。切除縫合は施術後、約1ヶ月から3ヶ月程度の間は患部を保護するテープを、定期的に新しいものへと変えるメンテナンスが必要です。ファンデーションやコンシーラーを使い赤みをカバーできるようになるまでには、約1ヶ月程度の期間が必要です。このように、施術部位がある程度目立たなくなるまでには時間が必要なので、このダウンタイムを考慮して治療を受けるタイミングを決めるようにしましょう。