美容外科のほくろ除去が人気【より美しい状態へと整える】

サイトメニュー

コンプレックスを解消

水着姿の女性

施術を受けるなら美容外科

一般皮膚科や形成外科でもほくろを除去する治療を受けることはできますが、美容外科で施術を受ける人のほうが圧倒的に多いようです。なぜ、美容外科が選ばれているのかというと、ただ単にほくろを除去するというだけでなく、仕上がりがキレイという点が挙げられます。一般皮膚科や形成外科は症状を治すことを目的として治療を行うため、仕上がりのことまでは考えて施術を行わないクリニックも多いと言われています。気になるほくろを取り除くことができたとしても、もし傷跡が残ってしまった場合は、新たなコンプレックスとなってしまうでしょう。一方、美容外科はというと症状を治すという以外に、より美しい状態へと整える審美性の高い美容整形を行うクリニックです。ほくろ除去治療においても施術後、できるだけ傷跡が残らないよう慎重に施術を行ってくれるので、安心して治療を受けられます。特に皮膚を切開・縫合して除去する治療を受ける場合は、傷跡のリスクのことまで考えている美容外科で施術を受けるのがおすすめです。ファンデーションやコンシーラーでカバーすることができない、ほくろにコンプレックスがある場合、治療で除去することも考えてみてはいかがでしょう。除去治療を行うクリニックは多いですが、特に美容外科クリニックは最新の治療法を採用しているなど施術法が豊富です。まずは、どのような治療法があるのか施術の内容を確認することから、治療の下準備を始めるのをおすすめします。各クリニックによって受けられる治療法は異なりますが、くり抜き法・切除縫合法・レーザー治療に大きく分類されます。くり抜き法は医療用のパンチのような特殊な道具やメスを使い、ほくろを円錐状にくり抜くことで取り除く治療です。切除法縫合は文字通りメスで切開してから縫合して除去する治療、レーザー治療はレーザーを照射してほくろを取り除きます。治療法を確認したら気になるクリニックに連絡をして、まずはカウンセリングを受ける日時を予約するようにしましょう。美容外科の多くは施術前にカウンセリングを行う所が多く、ほくろ除去治療もカウンセリングを受けてからの施術となります。カウンセリングの予約はクリニックに直接電話で連絡したり、場合によってはインターネットで予約したりすることが可能です。

看護師

種類は様々

ほくろには単純黒子や色素性母斑、青色母斑などの種類があります。クリニックでは種類に合わせて除去治療を提案してくれます。治療を受ける際は各治療法のダウンタイムを考慮して、治療計画を立てるようにしましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

ストレスフリーに治療する

ほくろ除去を美容外科クリニックに依頼するために、まず自分に合ったクリニックを探し出すのが先決です。事前にクリニックの治療実績などを確認し、信頼できそうなところを選びます。治療方針は話し合いで決まるので不安点はその場で解決しましょう。

詳しく見る

顔を触る人

施術の前後を確認

ほくろを除去するにも、患者側は仕上がりが重要ですし、費用やクリニックの評判もチェックが必要です。しかしながら、クリニックだけに任せるのではなく、必要なマナーが患者には求められることも念頭に入れておくべきです。

詳しく見る

カウンセリング

傷跡なく切除が出来ます

ほくろがあることで、コンプレックスを持つ人も多いようです。先天性のものと後天性のものがありますが、両方とも除去は可能です。手術の技術も進み、傷跡なく除去出来る時代です。コンプレックス解消のためにも、安心して病院へ足を運ぶと良いでしょう。

詳しく見る

女性

知っておきたい情報

ほくろ除去治療の中でも手軽として人気なのがレーザー治療です。レーザーを照射するだけで除去できるので、傷跡が残るというリスクがほとんどありません。施術後のアフターケアは紫外線対策をしっかり行いましょう。

詳しく見る

人気記事

看護師

種類は様々

ほくろには単純黒子や色素性母斑、青色母斑などの種類があります。クリニックでは種類に合わせて除去治療を提案してくれます。治療を受ける際は各治療法のダウンタイムを考慮して、治療計画を立てるようにしましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

ストレスフリーに治療する

ほくろ除去を美容外科クリニックに依頼するために、まず自分に合ったクリニックを探し出すのが先決です。事前にクリニックの治療実績などを確認し、信頼できそうなところを選びます。治療方針は話し合いで決まるので不安点はその場で解決しましょう。

詳しく見る

顔を触る人

施術の前後を確認

ほくろを除去するにも、患者側は仕上がりが重要ですし、費用やクリニックの評判もチェックが必要です。しかしながら、クリニックだけに任せるのではなく、必要なマナーが患者には求められることも念頭に入れておくべきです。

詳しく見る