美容外科のほくろ除去が人気【より美しい状態へと整える】

サイトメニュー

知っておきたい情報

女性

特徴やケアの方法を確認

クリニックで受けられるほくろ除去治療には、色々な施術法がありますがその中でも、特に人気を集めているのがレーザーでの治療です。レーザー治療はほくろ部分にレーザーを照射するだけで除去できる手軽さ、そして傷跡が残り難いという安全性の高さで選ばれています。メスや特殊な医療器具を使う治療の場合、傷跡が残ることも考えなければいけませんが、レーザー治療は皮膚を切開したり縫合したりしないため、このようなリスクが無いのです。エステ感覚で受けられる手軽な治療法ですので、コンプレックスに感じるほくろがある場合、レーザー治療を検討してみてはいかがでしょう。レーザー治療に使われるレーザーは主に、炭酸ガスレーザー・Qスイッチレーザー・ロングパルスレーザーの3つです。炭酸ガスレーザーは5〜10mm以下の比較的小さなもの、Qスイッチレーザーも1〜2mm程度の大きさのほくろを取り除くのに向いています。レーザーを照射する際は前もってテープ状やクリーム状の麻酔を施すクリニックが多いので、施術中の痛みも気にならないでしょう。クリニックでほくろ除去の治療を受けた後は、どのような過ごし方をするかで予後が変わってくるので、その点は事前に確認しておくと良いでしょう。必ず気を付けたいと言われているのが「紫外線対策」で、紫外線を浴びてしまうと施術部位がシミのよう跡が残ってしまうリスクがあります。クリニックによっては紫外線を通さない特殊な医療用テープで保護してくれることもありますが、もし無かった場合は絆創膏を貼って対処します。また、専用テープや絆創膏で患部を保護する以外に、日焼け止めを塗ってしっかり紫外線から守るということも大切です。使用する日焼け止めは紫外線吸収剤配合のものではなく、紫外線散乱剤を使っているものを選ぶのをおすすめします。紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは肌の上で化学反応を起こし、紫外線が肌の中にダメージを与えないようにするという特徴があります。施術後の患部はとてもデリケートな状態になっているため、普段は問題なくても紫外線吸収剤の日焼け止めを塗ると、肌トラブルが起こる可能性も考えられるのです。紫外線散乱剤配合のものは肌への負担が少ないので、ほくろ除去治療後に使う日焼け止めとして向いています。