美容外科のほくろ除去が人気【より美しい状態へと整える】

サイトメニュー

施術の前後を確認

顔を触る人

患者が確認すること

大半は、美容外科・美容皮膚科などのクリニックにて、ほくろの除去施術を受けることになります。カウンセリングの際は、メイクは落とした状態がベストです。また、医師からは、切除とレーザー治療の2択が提案されますが、ほくろの種類によって適した方法を医師が選択してくれます。患者の要望が優先される印象が強いものの、無知であるならば、安易に口を挟むのは適していません。加えて、いかにキレイに治るのかは、技術だけではなく、術後の経過がもっとも重要視されています。現在の除去施術は、最新鋭の医療機器を使っているので、安全性も非常に高く、加えて、ほくろが再発するリスクも少ないようです。問題は、患者が行う術後のスキンケアの方で、色素沈着のリスクを無くすためにはUV対策は欠かせません。面倒くさがりで、軟膏を塗り忘れたり、絆創膏を取り替えなかったりなど、皮膚を衛生的に保つことを怠っては、回復が遅くなります。患者は施術を受けるだけではなく、術後の注意事項を念頭に入れ、自宅でのケアに努めることにもあります。美容外科・美容皮膚科でほくろを除去するにしても、誰もが気になるのは治療費です。しかし自由診療ですから、クリニックによっては上限がありません。ほくろの数によって、または、大きさによって、こうした基準で料金を設定していますが、技術料やブランド価値を付帯する場合もあるようです。一般的なクリニックのレーザー治療の相場は、1mm3000円程度からで、それより大きくなれば1000円程度アップした金額、万が一、再発してしまい再施術が必要となれば1000円程度ダウンした料金設定です。除去するには、切開やレーザー治療を受けますが、その際には、痛みを軽減するために麻酔も必要です。局所麻酔ですが、ほくろの数だけ麻酔を打つので、麻酔科医の技術料がプラスされます。施術後に、皮膚がえぐれないように予防する注射もあり、患部がヘコみにくい点が評判ですが、1万円程度の費用がかかります。麻酔クリームの方が割安ですが、こちらは、メラニン色素型のほくろ除去で有効性をあげているのが特徴です。